ChemBioOfficeの利用方法(教職員)

対象者


※学生の方は学生用の利用案内をご参照ください。

対象機器

 

サービス内容

本学では、ChemBioOffice(開発元:Perkin Elmer(Cambridge Soft))のサイトライセンス契約を結んでおり、教職員の方が利用可能です。

利用条件

山口東京理科大学に所属する教職員所有の PCおよび教職員が校費で購入したPC に導入可能で、本人のみが利用することができます。

ライセンスの利用期限

2023年3月31日

利用できるバージョン

現在利用可能なバージョンは、Ver.17 ,18 ,19 ,20 ,21です。

※Ver.21はWindows 11に対応しています(Ver.20以下は不明)。

<2020.3.2追記>最新バージョン(Ver.19.0)について、以前のバージョンで作成したファイルが開けない、特殊文字・日本語入力に関する不具合、ランダムなクラッシュなどの障害が報告されています。修正版リリース時期は現時点で未定です。利用に際しては、旧バージョン(Ver.18.2)も含めてご検討ください。参考:KnowledgeBase Content Details(PerkinElmer社サイト)

<2020.9.25追記>Ver.16は2020年10月31日にサポートが終了します。ChemBioOfficeを引き続きご利用になる場合は、Ver.16をアンインストールの上、Ver.17以降の製品を新たにインストール(バージョンアップ)する必要があります。

動作環境

動作環境については、ヒューリンクスのサイトをご確認ください。

Mathematica で利用可能なプラットフォーム(外部サイト)

利用方法

手順書は学内ネットワークからのみ閲覧可能です。

バージョン17,18,19,20

<2019年にChemOfficeをインストールしたが、再度インストールが必要となった方へ>インストーラーを取得するダウンロードセンターが2020年頃より変更となっています。以前ユーザ登録したアカウントで新ダウンロードセターにログインすることはできません。新ダウンロードセンターで新たにユーザ登録を行ってください。詳細はインストール手順書を参照。

  • インターネット接続環境下で自動的にライセンスが更新されます。

注意事項

  • 本学から退職される場合には、本学のライセンスを用いて導入された ChemBioOfficeを必ず削除(アンインストール)してください。

PrkinElmer Cloud版アプリケーションの利用方法

下記リソースを無償でご利用いただけます。利用方法はこちら

参考:Signals Notebook Quick Start Guide

テクニカルサポート

関連リンク