Mathematicaのライセンスについて(教職員)

対象者


※学生の方は学生用ライセンスをご参照ください。

対象機器

 

サービス内容

本学では、Mathematica (開発元: Wolfram Research Inc.)のサイトライセンス契約を結んでおります。これにより、校費購入PCまたは教職員個人PCでのMathematica の利用が可能となっています。
サイトライセンス契約上、教育・研究目的での利用に限られていますので、正しくご利用くださいますようお願いいたします。

利用可能なバージョン

現在利用可能な Mathematica のバージョンは12.0.0 です。

ライセンスの種類および利用条件

教職員用ライセンスとして次の二つが利用可能です。それぞれ利用制限がありますので、ご注意ください。

1.キャンパスライセンス

  • 校費で購入したPCでのみ利用可能です。研究室でのみ利用可能で、自宅ではご利用できません。

2.ホームユースライセンス

  • 個人で購入したPCでのみ利用可能です。自宅、研究室どちらでも利用できます。ただし、ご本人以外は利用できません。
  • 1回の申請で1台のみインストール可能です。

動作環境

動作環境については、Wolfram 社のサイトをご確認ください。

ライセンスの利用期限

2021年3月31日(継続利用のための手順は下部に記載しています)

ライセンスの利用形態

本学で締結しているキャンパスライセンスの利用形態は「シングルマシン(Windows, Macintosh, Linux)」です。
ライセンスマネージャーを立てられたい場合は、学術情報システム課までご相談ください。

利用方法(新規インストール)

キャンパスライセンスとホームユースライセンスで手順が異なりますので、ご注意ください。

キャンパスライセンス(校費PCへの導入)

1.利用申請書に必要事項を記入する

配布方法が2種類ありますので、どちらかをお選びください。

(1)USBメモリでの配布

Mathematiaインストール用USBメモリをお貸しいたします。貸出後、3日以内にご返却ください。 なお、メディアが他に貸し出し中の場合には、しばらくお待ちいただくことがあります。

(2)ソフトウェア配布用サイトでの配布

Mathematicaインストール用イメージを、ソフトウェア配布用サイトからダウンロードすることができます。 なお、ソフトウエア配布用サイトのURLは申請手続き後にお伝えしています。

2.学術情報システム課に申請書を提出する

3.ソフトウェアのインストールを行う

インストール方法は、ご利用の環境に応じて以下の手順書をご参照ください。

インストールの際に利用する共通パスワードはこちらになります。

  • Mathematica 共通パスワードファイル(Windows,Mac)
    ※Office365へのサインインが必要です。本学のメールアドレス(SOCUアカウント@rs.socu.ac.jp)およびパスワードでサインインしてください。

    ※Linux版はアクティベーションキーを学術情報システム課にて発行いたしますので、お問合せください。

4.USBメモリでの貸出の場合、学術情報システム課にUSBメモリを返却する

ホームユースライセンス(個人PCへの導入)

1.以下の手順書を参考に、申請を行う

  • 教職員用ホームユース申請手順
    ※学内ネットワークからのみ閲覧可能です。
    ※申請時のE-mail Addressは本学のメールアドレス(@rs.socu.ac.jp)を利用すること。
    ※OrganizationNameは「Sanyo-Onoda City University」とすること。

2.インストール、アクティベーションを行う

申請が完了すると、申請時に入力したメールアドレス宛てにライセンス番号とダウンロード先のURLを通知するメール(”Your Wolfram Research Order”)が送信されます。
メール内の指示に従ってインストール、アクティベーションを行ってください。
申請完了後、通知メールが届くまで数日かかることがあります。

利用手順(継続利用)

キャンパスライセンス

  • パスワードの入力が求められます。以下のURLをクリックして、共通パスワードのファイルをダウンロードしてください。
    Mathematica 共通パスワードファイル(Windows,Mac)
    ※Office365へのサインインが必要です。本学のメールアドレス(SOCUアカウント@rs.socu.ac.jp)およびパスワードでサインインしてください。
    ※利用するパスワードはMathematicaのバージョンによって異なりますので、利用しているバージョンのパスワードをご利用ください。
    ※Linux版はアクティベーションキーを学術情報システム課にて発行いたします。申請時にお問合せください。

ホームユースライセンス

  • 利用期限以降にMathematicaを起動した場合、メールアドレスの有効性確認およびホームユースライセンスの再申請が必要となります。

利用手順(バージョンアップ)

バージョンアップ時のインストール手順については、Wolfram社のポータルサイトをご参照ください。

注意事項

  • 本学を退職される場合には、本学のライセンスを用いて導入された Mathematica を必ず削除(アンインストール)してください。
  • 本学では、Mathematicaの操作マニュアルの配布は行っておりません。ソフトウェアに含まれるヘルプをご利用いただくか、別途ご購入ください。マニュアルは、次より購入できます。
    Wolfram Research Asia Ltd.(ウルフラム リサーチ アジア リミティッド)(外部サイト)

関連リンク