Gaussianのサイトライセンスについて

対象者

対象機器

サービス内容

本学では、Gaussian 社とサイトライセンス契約を結んでおります。これにより、化学計算ソフトウェア「Gaussian」の利用が可能となっています。

利用可能なソフトウェアおよびバージョン

  • Gaussian16 Windows 32bit / 64bit版 サイトライセンス (マルチプロセッサ版) 教育用
  • GaussView6 教育用 ※Gaussian16のインストール先PCと同一PCにのみインストール可

利用条件

  • 本学の校費で購入され、校内に設置されている機器にのみインストールすることができます。
  • 本学における教育・研究目的での利用に限られており、商用ベースの研究目的ではご利用いただけません。
  • 一般企業との共同研究で利用することはできません。
  • ソフトウェアの改変(リバースエンジニアリング、逆コンパイル、デコード、分解)は禁止されています。
  • ソフトウェアによって得られた結果を文献に掲載する場合には、適切な引用を行う必要があります。
    • 製品名(Gaussian16)
    • 供給元(Gaussian, Inc. 340 Quinnipiac Street, Building 40 Wallingford, CT 06492)
    • GAUSSIANにより指定された著作権
    • GAUSSIANにより指定された適切な著作権表示
      ※著作権についてはGaussiann社のサイトをご参照ください。

動作環境

動作環境については、以下のサイトをご参照ください。

利用方法

1.利用申請書に必要事項を記入する

2.学術情報システム課に申請書を提出し、貸出用DVD-ROMを受け取る

メディアが他に貸出中の場合には、しばらくお待ちいただくことがあります。

3.ソフトウェアのインストールを行う

以下のサイトを参考にインストールを行ってください。インストール時に必要なシリアル番号は貸出用DVD-ROMに同封されています。

*注意*

  • OS が 32bit版の場合と 64bit版の場合とでは、インストールするファイルが異なりますので注意してください。
    使用している OS が 32bit版か 64bit版かわからない場合は、以下の手順で確認してください。
    使用しているOSが32bit版と64bit版のどちらかを確認する方法(外部サイト)
    ※Windows10:「スタート」を右クリック→「システム」をクリック→「バージョン情報」からご確認ください。
  • 64bit版では、マシンの物理メモリが4GB以下の場合、仮想メモリ容量を拡張する必要があります。
    仮想メモリのサイズ変更方法(販売元(ヒューリンクス)サイト)

4.貸出用DVD-ROMを返却する

関連リンク

本学では、サポート契約は結んでおりません。次のページをご参照ください。

Gaussianについては、次のページをご参照ください。

Gaussianの主な参考文献として以下をご紹介します。

  • 「すぐできる量子化計算ビギナーズマニュアル」(平尾公彦監修、武次徹也編/講談社サイエンティフィック)
    • GaussianとGAMESSの使い方について記述されています。
    • 計算手順の詳細や結果の解析方法について詳しく解説されており、エラーの対処法などについても記述があります。
    • Gaussianの入門書としておすすめです。
  • 「電子構造論による化学の探求」(James B. Foresman and Aleen Frisch共著 田崎健訳/ガウシアン社)
    • Gaussianの基本的な使い方に加え、使用するために必要な最低限の理論背景について簡潔にまとめられています。また、たくさんの例題と演習があり有用です。
  • 「第5版 実験化学講座12 計算化学」(日本化学会編/丸善)
    • 分子軌道法および密度反関数法の詳細な理論説明がなされています。
  • MOLEKEL(http://ugovaretto.github.io/molekel/
    • Gaussianの出力ファイルから計算結果を読み込み、分子軌道や電子密度などの計算結果をグラフィカルに表示させることができます。
  • Jmol
  • Molden